Monday, July 24, 2006

Nobody & Mystic Chords of Memory - Tree Colored See






listen here

最近の私はというと、ダイエットにいそしむ毎日なのである。

北に行っては一日分の野菜ジュースを一気飲み、南に飛んではひたすらトマトをかじりつづけ、東にさすらってはルームランナーでひた走り、西に流れてはプールであえぐ日々がもう2週間。高校を卒業して体育の授業が無くなってから8年、怠惰と享受が競いあうようにへばりついたこの肉体がいまや私のシンボルになりつつある昨今、「高校のときの体重に戻したら、きっとあの娘に告白しよう!」という熱いキャッチコピーを胸に、今日も北へ南へ東へ西へ。まだいっこうに体重は減る気配がないけども、NOBODY(NO FATでTIGHTなBODY)に俺はなる!(ルフィ風に)

Nobodyの"And Everything Else"は「ヒップホップとロックとエレクトロニカとレゲエと民族音楽にまつわる『テンションの低さ』のみを結合した」感じの作品だった。自身が通過してきた音楽の「だるい」部分だけを輝く瞳で楽しげにつむいでいく、という異質すぎるスティーロにはまったくついていけなかったが、単に楽しい気分で楽しい音楽を鳴らしたり、鬱陶しい気分で鬱陶しい音楽を積み上げていくよりかは、はるかに後向きで前向きな訳のわからない構成にしあがっていて、そんな複雑な面白さにウットリした。

その翌年、Mystic Chords of Memoryという得体のしれないバンドとボーカルを引き込んでいったい何をやるのか?と思っていたら、なんてことはなし。やはりNobodyはそのバンドの音楽の「テンションの低さ」に恋しただけだったのである。けだるげに宙に漂うMystic Chords of Memoryの浮力となっているNobodyの音はまさに水。"And Everything Else"の時に見せた多様な音楽の「だるさ」のみを掬いとって、取り憑かれたように桶の中にそそぎこむNobodyの顔にはきっと満面の笑みが広がっていたに違いない。

Friday, July 07, 2006

It's Halftime

□ 2006年上半期11



Spank Rock
"YoYoYoYo"

listen here




Muallem
"Frankie Splits"

listen here




Five Deez
"Kommunicator"

listen here




Gnarls Barkley
"St. Elsewhere"

listen here




Busta Rhymes
"The Big Bang"

listen here




The Team
"World Premiere"

listen here




Keak Da Sneak
"Contact Sport"

listen here




JME
"Poomplex"

listen here




Nobody & Mystic Chords of Memory
"Tree Colored See"

listen here





Various Artists
"Hue and Laugh and Cry"

listen here




Seeda and DJ Isso
"Concrete Green"

Gaku-MC/桜井和寿 - 手を出すな!







DJ Fumiyaが居なくなって余計あらわになった「どことなくオチャラけたムード」と「アッパーな倦怠感」は最近の作品ではあまり無かったPharcyde感を絶妙に醸しだしているが、そこはかとなく立ち込める「金の匂い」がどうしても鼻につく。くるりとリップスライムでも、リップスライムとくるりでも、そんなもんどっちでも構わない。誰が誰と組んで「音楽」したところで、そりゃ勿論"Unfinished Business"。ゼニゼニゼニゼニ、この手に手に手に。

そういう意味では、「完全に金に目がくらんでいる」とピストン西沢に言わしめたGAKUと桜井のコラボのほうが圧倒的にいさぎよい。サッカーはどうやったら得点が入るのかも知らないので、W杯には全く興味がないのだけど、「この時期に桜井和寿と組んでW杯応援ソングをリリースした」ことの目的は子供でも理解できる。

前アルバム"A Day in the Life"で、サラリーマン応援ソングを歌ったり、何気ない平凡な日常のヒトコマを切り取っていたこと全てが偽善的に見えてくる魔法のシングル。そんなイメージを貶めるようなリスクを負ってまでも「利の利の利の利のまたその利」を得ようとするアグレッシブな姿勢こそがこの曲の魅力。あのアルバムに癒されていた昔の自分を殺してやりたい。

この曲を5回くらい立て続けに聴いていると、いつになくやる気のない桜井のリリックも相まって「俺たちの"Unfinished Business"に手をだすな!」という風にも聴こえてくる。

Tuesday, July 04, 2006

MC Super Megane