Sunday, August 20, 2006

Bennie K - ザ・ベニーケー・ショウ~on the floor編~








もう秋です。既に若干肌寒いので、みなさん体には充分気をつけてください。「今年の夏は最高の思い出をつくるぞ!!」と息巻いていたアタシのこの夏一番の思い出が、妹と行った田舎の墓参りだったという現実からできるだけ目をそらしながら早秋を過ごしているのですが、やっぱり秋はいいですねぇ。楽しかった季節も終わって毎日が静かに終末に向かっているような一抹の寂しさがたまりません。「今年の夏は何処に遊びに行った?オレ、彼女と沖縄!!」「へぇ、そういえばオマエすげえ日焼けしたなぁ!!」なんて会話をもうだんだん聞けなくなってくるのもなんだか寂しい感じがします。とはいっても、夏だというのに外にも出ず、淡々とジム通いしていたアタシの肌は雪のようにまっ白で、こういう友達の会話を隣でニコニコしながら聞いていることしか出来ないのでどうでもいいんですが。これからの季節はそういう会話を聞いてジェラシーを感じることも無くなるのでせいせいしますよね。


そんなアタシみたいな冴えない男でも、この夏にかける音楽は真剣に選びましたよ。その夏のイメージがかける音楽によって決まるといっても過言ではないですからね。アタシの夏を彩ったナンバーがコレ、Bennie Kの『ザ・ベニーケー・ショウ -on the floor編-』。もう何年も行っていない夏祭り風の囃子がアタシをハッとさせる5曲目の"pink noise babies"もはっちゃけたダンスミュージックで最高にクールなんですが、1曲目の"DISCO先輩"がなんとも素晴らしい。夏休み終わりで試験中の高校生に"DISCO先輩"という謎の人物が「踊り狂え!!踊り狂え!!」と迫り来るノリノリで素敵なサマーチューンです。アタシもこの曲を聴いて、真夏の夜にDISCO先輩と2人で踊り狂いました。今年の夏の思い出になった最高の曲です。

No comments: